たかがジャニヲタ されどジャニヲタ

クソDDの軌跡(サボりがち)

コインロッカーベイビーズ~肉体美~

一昨日、「コインロッカーベイビーズ」に行ってきた。

 

1階5列以内通路側で観た景色には橋本くんと河合くんの肉体美が頭から離れない。

はしちゃん、去年のサマパラ時(過去最高に細い)に比べれば丸っこくなっていたけれど、全然筋肉。

変な日本語だけれども、とにかく橋本くんの身体がとてもきれいだった。抱かれたい。

 

河合君、細いけれど筋肉はついていて、そんな身体がチラ見できる衣装で昆夏美ちゃんとキスを繰り広げる(思ってたより回数多い)もんだから「お、漢...!」と驚嘆に値したものだ。

 

とにかく2人が眩しい。

 

カテコは3回まで有り。2幕拍手終了後、2階席登場、その後ステージに戻り、次のカテコで1階を走り抜ける。

 

カテコでのはしちゃん、天使すぎる!!!

橋「はいっ!(右手上げる) はいっ!(左手上げる) はいっ!(おじぎ)」から満面の笑み。

一方河合君は「カーテンコールで笑いが起こる舞台中々ないよ(キャハハハハ)」

 

とりあえず感想。

 

 

 

*ここからネタバレ有

お話について。

 

結構ハードだった。

キス多いし、アレなセリフ多々有り、はしちゃんパン1(ちょっともっこり) など。

 

まずオムツーズ(私命名)登壇で戸惑うけど、演出がすごかった。

ダンサーさんとかキレキレで格好良い。

 

その後はしふみ上半身裸で登場。歌も上手でさすがです。

 

物語が展開していく中、はしふみのブレザー姿が拝める。2人ともまだ行けるね!!

そのシーンの終わりあたりから、ちょくちょく叫ぶシーンが出てくるのだが鳥肌もの。

 

ハシがホモと暴露するシーンで踊りながらパン1に。

はしちゃん、本当に良い身体してる。褐色で綺麗に付いた筋肉。橋本の身体担になる。

一部目のやり場に困るが、歌って踊っているアイドルさが感じられる。

 

河合君いよいよキスシーン。

最初にチュー、移動してチュー、追っかけてチュー、その場でチュー、もう一回チュー.......

 

......多い!!!

私が思っていたよりだいぶ多かった。河合君が「ファンの子が倒れちゃう」と言っていたけれど、倒れてもおかしくないんじゃないか!?

「うっひょ~河合君のキスだ~」とニヤついている方も私含めいるんだろうな。

 

その隣で初めて女性にときめくハシ。押し倒すシーンもあって、目が足りない!!!

 

劇中の中でここが刺激度MAX だと思われる。「Oh!!!」「Wow!!!」が飛び出ちゃうほど。

 

 

興奮シーンが終わると物語は淡々と(そう言っても色々複雑なシーンがあるが)進んでいく。

キクとハシそれぞれの葛藤とか足掻いているのをリアルに演じていて、お二人とも圧巻の演技でした。あっぱれ!!

それに加えて

真田くんの演技を初めて見た。

きっちりとしたアナウンサーの役、狂った役、事件に関わるダイバーの役、精神病患者の役。どれも本当にすごかった!

「え、さなぴーってこんなにすごいの!?」と今まで軽く見てましたすみません。

上半身しかきちんと見えてないけれど良い身体していた~。

真田くんの演技、観る機会があったらまたみたいな。真田くんポイントだいぶあがった。

 

他のキャストの方も、女性陣お美しかったし、特に芋洗坂係長素敵だった。

芋洗坂係長には以前ハマっていた(半日ほど)のでなんだか嬉しかったな~

 

 

残り東京も地方もまだまだありますが、最後まで全力でがんばってください!!!

ほとんど興奮シーンと身体についてしか書いてない...。

 

 

明日はV6の"beutiful world"発売~!予約してないが、どの形態か買わせていただきます。