読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかがジャニヲタ されどジャニヲタ

クソDDの軌跡(サボりがち)

殿、利息でござる!~重岡大毅の活躍~

本日、「殿、利息でござる!」を見に行った。

公開日に行くのは初。開演(?)一時間半前にチケットを買おうとすると、2/3以上が埋まっていた。

阿部サダヲ、恐るべし。

 

 

*以下、感想と共にネタバレ注意

 

 時代物の映画(超高速参勤交代とか)は元々好きだったので、私的にはとても面白い映画だった。

 

重岡君の役(音右衛門)は阿部サダヲ(穀田屋十三郎)の息子。

 

~出演シーンまとめ~

セリフはうろ覚えなので若干(だいぶ)脳内補正。

 

 

 

 

 

①シゲちゃん登場

 

 

 

 

 

お金を集めるために亡き妻の帯を売る十三郎。

それに対し音右衛門は「母上の形見を売るなんて...!!」と父を非難。

「村の為なら彼女も許してくれるはず」と十三郎。

 

「もう父上なんて!こんなのなら浅野屋にの子生まれたかった!」

阿部サダヲの弟役である妻夫木聡(浅野屋甚内)は兄よりもきちんとしていて、仕事もできる。

 

そのまま部屋から出ていく。

 

隣の芝は青いというか、反抗期というか思春期シゲちゃんなのであった。

 

 

②シゲちゃん、連れていかれる

 

浅野屋に皆が行く最中「お前も来い!」と連れていかれるシゲちゃん。

ここからそのシーンが終わるまでセリフ無し。

一回だけ抜かれた?と思うくらい、あとは見切れ。

 

ぼやけてるシゲちゃんが拝めます。

 

 

③シゲちゃん、感動のシーン

父と気まずい感じの音右衛門であったが、十三郎たちがお金に困っている際、音右衛門から手紙が...

 

"父上へ

10年間方向に出ます。商いをきちんと学んできます。給料を前借したので使ってください。

加代(音右衛門の妹)へ

元気でね。父上が風邪とかひかないようにちゃんと見守ってあげてください。"

 

号泣!!!!!!!!

良い人すぎる。やっぱりお父さんのこと思っているんだな。

お父さんのために10年奉公に出て、給料を前借して自分の為でなく、お父さんに。

 

感動のシーンをありがとう。

これにてシゲちゃん出演終了。

 

以上シゲちゃんまとめ。

ネタバレしないように頑張ったけど、ほぼネタバレだな。

豪華キャストで内容も面白い。重岡担じゃなくても見るべき!!

見たらきっと妻夫木担になる!

 

 

次の記事はキスマイだな~