たかがジャニヲタ されどジャニヲタ

クソDDの軌跡(サボりがち)

ボクの穴、彼の穴。

本日、塚田僚一君の舞台「ボクの穴、彼の穴。」を見てきた。

 

リサーチ不足な私は前日に戦争系のお話と知り、悲劇なのか?と思っていたら、悲しいというか切ない場面はあるものの、ミュージカル的な場面もあり、面白さもあり楽しめた。

 

2人舞台は初めて見に行ったが、塚ちゃんと渡部秀さんの演技の迫力がすごくてすっかりその世界観に入り込んでしまった。

 

初めてで気が付いたことは、2人芝居はセリフ量が多いということ。

それをスラスラ言ってるのを見て、「あ、塚ちゃんってすごいんだ」と思った。(悪い意味ではない)

あくまで予想だが、テレビの人塚ちゃんは稽古時間少なかったのではないかな。(舞台のお知らせも急だったことは関係あるのか...??)

芝居してる姿格好良かったよ!!

 

 

 

お話の内容は

www.parco-play.com

ここにもさらりと書いてあるが、戦争で穴の中にいる"ボク"と"彼"。"彼"は敵、モンスターで"彼"のせいで戦争が起こり、めちゃめちゃになってしまった とお互い同じことを思い、最終的には互いに"ボク"と"彼"それぞれの心情を把握、理解し「戦争とはいったい?」と考えさせられる話。

 

 

「戦争です!」

という塚ちゃんのセリフから始まる。

怒り、悲しみ、怯えるそれらの感情を塚ちゃんらしさを出して表現。

特に怯えるシーンは実際にその状況に置かれているような「怖い。つらい。けれど生きたい」というメッセージ性が話からも演技からも強く伝わってきた。

 

そんな中、監督さんが用意したのかわからないが、塚ちゃん全開のセリフや動作があり、「え、ここ笑っていいの?」的なシュールな場面も多々あったが面白おかしく楽しむことができた。

 

あ、塚ちゃん全開といえば肉体披露。体を洗うシーン(いやらしさは無い)で見ることができた。今日も仕上がっていらっしゃいました。

バク転も開脚もきれいだった。さすが塚田僚一~!!

 

 

途中ミュージカルのようなシーンではハモリを見せていただいた。

ちょいちょい外していたけれど、渡部さんがまた良い声してて素敵だった~

他にも塚ちゃんも渡部さんも歌うところがあったけれど、塚ちゃんは「みんな~同じ~生きているから~」の曲を一人輪唱。

そして私お気に入りのシーン「ニューハーフの歌」。

人はまるで枝。「人」→枝+枝で支え合ってる!でもボクは一本でしかない... ボクは半分人間?→ハーフ?→新しいハーフ...→ニューハーフ!?

こんな内容。

歌を枝をポキポキしながら歌ってる塚ちゃんかわいかった...

 

 

 

きちんと舞台のことを書こうとしたのに塚ちゃんまとめになってしまった。

 

 

 

切ないシーンよりも怒るシーンが多く、声を張ってばかりだったので塚ちゃんの声帯が心配。

明日は休演日なのでゆっくり休んでください。お疲れ様でした!!

殿、利息でござる!~重岡大毅の活躍~

本日、「殿、利息でござる!」を見に行った。

公開日に行くのは初。開演(?)一時間半前にチケットを買おうとすると、2/3以上が埋まっていた。

阿部サダヲ、恐るべし。

 

 

*以下、感想と共にネタバレ注意

 

 時代物の映画(超高速参勤交代とか)は元々好きだったので、私的にはとても面白い映画だった。

 

重岡君の役(音右衛門)は阿部サダヲ(穀田屋十三郎)の息子。

 

~出演シーンまとめ~

セリフはうろ覚えなので若干(だいぶ)脳内補正。

 

 

 

 

 

①シゲちゃん登場

 

 

 

 

 

お金を集めるために亡き妻の帯を売る十三郎。

それに対し音右衛門は「母上の形見を売るなんて...!!」と父を非難。

「村の為なら彼女も許してくれるはず」と十三郎。

 

「もう父上なんて!こんなのなら浅野屋にの子生まれたかった!」

阿部サダヲの弟役である妻夫木聡(浅野屋甚内)は兄よりもきちんとしていて、仕事もできる。

 

そのまま部屋から出ていく。

 

隣の芝は青いというか、反抗期というか思春期シゲちゃんなのであった。

 

 

②シゲちゃん、連れていかれる

 

浅野屋に皆が行く最中「お前も来い!」と連れていかれるシゲちゃん。

ここからそのシーンが終わるまでセリフ無し。

一回だけ抜かれた?と思うくらい、あとは見切れ。

 

ぼやけてるシゲちゃんが拝めます。

 

 

③シゲちゃん、感動のシーン

父と気まずい感じの音右衛門であったが、十三郎たちがお金に困っている際、音右衛門から手紙が...

 

"父上へ

10年間方向に出ます。商いをきちんと学んできます。給料を前借したので使ってください。

加代(音右衛門の妹)へ

元気でね。父上が風邪とかひかないようにちゃんと見守ってあげてください。"

 

号泣!!!!!!!!

良い人すぎる。やっぱりお父さんのこと思っているんだな。

お父さんのために10年奉公に出て、給料を前借して自分の為でなく、お父さんに。

 

感動のシーンをありがとう。

これにてシゲちゃん出演終了。

 

以上シゲちゃんまとめ。

ネタバレしないように頑張ったけど、ほぼネタバレだな。

豪華キャストで内容も面白い。重岡担じゃなくても見るべき!!

見たらきっと妻夫木担になる!

 

 

次の記事はキスマイだな~

代々木に5人の天使がいた話

私は昨日"Welcome to Sexy Zone"に行ってきた。

セクゾちゃんは初である。

 

ワクワクしながらとりあえずマリウスのうちわとクリアファイルを購入。

ペンライトはサマーパラダイスのものを応用。

 

いざ会場内へ!!!!

 

代々木にはA.B.C-ZとV6のコンサートでしか来たことがなかった。

ちなみにスタンドオンリー。

なので初アリーナ初セクゾでわくわくが2倍だったのである。

 

 

まずイントロ(?)でJr.君たちが次々と紹介され、次々と歓声が起こってゆく。

続いてセクゾ。会場はヒートアップ。

 

ででんっ!

 

\きゃーーー/

 

カラフルeyesからのスタート。

 

 

いや、見えない。

 

背が低いので、スクリーンを見るのが精一杯。

それでも彼らは美しい。

 

 

ピックアップ式に感想まとめてみた。

 

 

~私的良コーナー(曲)ベスト5~

第5位   【Electric Shock

ふまけん!藤北のFIREみたいで2人の世界がそこにはあった。

私的推しポイントはJr.の振りでお互い近距離で背中をそって抱き合うのがあるのだが、そこの田中樹と岸優太!!!!

恥ずかしそうに目を合わせながら照れ笑いしてるのが本当にかわいかった。

間に入りたい。

 

第4位   【Easy come! Easy go! Easy love!

軽快な感じとラスサビ前の風磨の「きみも おいで」のところが好きです。

帽子投げる演出も新鮮で面白かった。

健人くん投げるの失敗してたけど平然を装ってるのが ア、アイドル~~!と思わせてくれました。

 

第3位   【love confusion】

「その唇をキラリとさせる月にさえも嫉妬しちゃう」

すごく"君"のことを思ってる感じがすごく良い。

月に嫉妬しちゃう!?

しちゃえ♡私は許すよ♡

 

あと、この曲だったか忘れてしまったが、ランウェイをやってたんだけども、いや素敵!!!

個人的に決めポーズした後、照れ笑いする風磨がツボでした。

 

第2位   【無邪気な時間は過ぎやすく】

良曲。A MY GIRL FRIEND並みにセクゾで好きな曲。

「笑顔見せて 泣かないでね 離れていたって平気さ」

ここのフレーズが強がりな感じで切ない。

 

 

そして第1位は...!!!

 

【Sweety Girl】

この曲はコンサートに行く前から楽しみだった。

 

暗闇の中Sweety Girlのイントロが始まる。「お、来たぞ~」と心の中で呟き、にやつく自分。

 

ライトがつくとそこにはなんと2人の天使がいた。

 

いや、聡マリかわいすぎない!?!?!?!?!?!?

 

聡ちゃんの衣装!かわいい衣装×きゃわいい松島聡 という見事なかわいさを見せつけていただきました。

 

マ、マリウス!どこのパリコレモデル!?

ピンク似合いすぎだし、ステッキを器用操るマリウス葉

 

私はあなたのステッキになりたい!!!!!!

 

"絶対に君を落としたい"

いや、落ちないわけがない。少なくとも私は落ちます。落ちさせていただく、マリアナ海溝の奥深くまで。

 

 

 

~番外編~

BAD BOYS

トロッコで近くに中島健人さんが来たんですよ。

 

近い!筋肉!汗!イケメン!

 

一度にいろんな情報が集まってショートしそうでした。

ア、アイドルがいる...!驚きすぎて言葉も出ず、普通のことしか思わなかった。

 

【But...】

最初の電話には驚いたけど、風磨のかわいい。エロい。

 

Sexy風磨、エロい。

 

エロい。

 

Cha-Cha-Cha チャンピオン

ここでの風磨さんが風磨らしいなと思った。

「Let`s go everybody」の振りを全力(手足取れそうなくらい)で踊って隣の勝利にも強制するっていう。

勝利くん、一回やってたけど「恥ずかしいよ~!」って笑って普通に踊る勝利くんかわいい。

 

【New Days】

正確にいうとその前の三人の踊り。

更にいうと聡ちゃん。

 

か、かっこsexy...!!!

 

ふまけんはsexyイメージが元からあったんだけど、聡ちゃんのsexyを見たのは初めてで。

妖艶とは松島聡のためにある言葉なのではないか。

お面から覗く聡ちゃんの目つきにやられました。

 

 

 

 

 

セクゾのコンサートは忙しかった。Jr.くんたちがちらほら出てくるのでDDにとっては一番きょろきょろする現場だと思う。(ほとんどマリウス見てたけど)

 

~私が一番思ったこと~

やはりSexy Zoneには若さがあるなと感じた。若さならではの良さがあってこれもまた良いなと思いました。

 

 

ありがとう。5人の天使たち。

また行く機会があれば強火聡マリ担として参戦したいなと思います。

 

東京ドームに10代~50代までのイケてるメンズが大集合

私は"東京ドームに全員集合" みんなにサンキュー!ジャニーズ野球大会 に行ってきた。

ほとんどTwitterのレポに書いてしまったが、まとめを書き留めておこうと思う。

 

16:00~ 公開練習があったのが、予定があったため猛ダッシュして到着したのは17:30過ぎ。

 

 

【公開練習】

 

席に着くと河合君がインタビューしてるではないか。

 

河「憧れてる先輩は?」

松「...河合君です!」

河「...俺そういうのキライ」

 

なんてかわいいエピソードがある中、横尾渉に回ってきた際「かずにい」発言があったのだ。

 

かずにい!?

しかも、「かずにい、大好きです」だよ!?

悶え死ぬ私。

 

この時点でもうメンタルリセットですよ。f:id:tkgsrd:20160417152741j:plain(GACKTさんすみません)

 

 

【開会式】

ジャニーズJr.のラッパの音と共に開幕。

 

Mr.KINGなどのJr.たちが続々登場。「おー」とボーっとしているといよいよデビュー組が!!

 

 

 

 

 

え、スペシャルゲストってスペシャルすぎない...?

 

KAT-TUNオールキャストだし、枠なかったNEWSもまっすーが来てくれたし、何が何だか。

クソDDには休む暇もなかった。

 

そして応援団が各チームに付くのだが

J.Red(3塁側):千賀、神山  J.White(1塁側):宮田、マリウス  だった。

 

【試合開始】

1回表

岩橋が本当に頑張ってた。母親の気分でした。お疲れさま!

いわちをフォローする解説組とかファンを見てて「優しい世界だなぁ」と思いました。

 

あと、2アウトになったとき今井翼くんがわざわざ(?)ストライクしてて、「翼く~ん」ってなった。

 

 

1回裏

中山くんが魅せる魅せる!!!

会場も盛り上がってきたんだけども...

 

3塁側は一致団結してた感じだったのだが、1塁側は

 

宮田マリ:手拍子→ファン:手拍子→しばらくするとずれる→手拍子終了

 

を繰り返してた。

 

 

皆、試合集中してたせいかしら?

宮マリ、あんまり力になれなくてごめんね...

最後までありがとう、お疲れ様でした!!

 

 

4回までで試合終了だったけれど、その間に井ノ原君来て更に面白くなって楽しかったな~

 

 

【閉会式】

 

奏君かわいかったなぁ~

 

そしてMVPをとったV6坂本君、おめでとうございます。

坂本君かっこかわいかった!!

ダンディ坂本さん好きです。崇められてうれしかった...

 

 

 

【ショータイム】

ここで、試合に出ていなかったスペゲス(じゃんぷちゃん)がさらに登場。

 

「勝利の日」までは把握しておらず、DDとしてまだまだだなと実感しました...

 

いろんなユニットの組み合わせで踊るメンズたち...

なんて美しいんだろう!!!!!

 

戯れる大勢のメンズ達は日ごろの疲れを癒してくれました。

ありがとう!!!

 

 

 

もうあの時間は帰ってこない。

「来年、今度は"全員"でやろう」という光一くん、いのっちを信じて待ち続けたいと思います。

 

 

新規が思う2つのこと

私の独断と偏見で思ったことだが、思わない人もいるだろうし、もしかしたら古株さんでも思うことがあるかもしれない。

はじめは「新規が思う10のこと」だったのだが、まとめられたので主に2つにしてみた。

 

もっと早くジャニーズ(担当)に出会いたかった

切実に思いますねこれ。生まれてすぐ担当になりたかったレベル。

担当のJr.時代とか、デビューの時、1つ前のFC会員証、再販がなくなったDVD、今は探るしかない過去映像とか。

もっと前に出会ってたら人生すごく変わってただろうな~

 

 

どこまでが新規??

「新規ってずっと新規のままなのかな」とふと思ったりする。

よく「これだから新規は~」とか「新規うぜ~」とか目にしたり、耳にしたりする。

自分はヲタデビューをしてから2年半(?)程しかたっていないので何とも言えないが、5年ほどたったら新規卒業なのか?10年たてばさすがに新規ではないと思うし...

 

でも昔からジャニのこと知ってる人にとったら皆新規なのかな~

そして「もっと早くジャニーズ(担当)に出合いたかった」と思ったりするのである。 

まあ、あんまり気にしてないけども。

 

 

 

 

はじめの頃は「FCって何?」、「コンサートってFCに入らなきゃ行けないの!?」、「CD,DVD何種類あるのこれ!?」など驚く毎日だったが、今では他のグループに手を出せる余裕まで出てきた。

「ヲタ卒したい!!!」と思う時期がまだ訪れていないので、思いっきりヲタ活を楽しむとしよう。

 

 

どうでもいいけど、NEWSのアルバム「QUARTETTO」に収録されている小山くんの「愛のエレジー」のリピート率が半端でない。コンサートでどんな風になるのか楽しみだ。

「あなたを死ぬまで愛したい」 \愛してー!!/

ヲタ活必需品

今更ながらヲタ活動のお供になるラジオレコーダーを買った。

 

デデーンッ!!

f:id:tkgsrd:20160401211445j:plain

 

SONYのポータブルラジオレコーダー

その名も"ICZ-R100"である!!

 

予約録音はもちろん、持ち運びも出来ちゃう優れものなのだ。

このレコーダーちゃんを使って明日から始まるA.B.C-Zの冠番組を録る!

いつも聴き忘れるキスマイradioもこれでバッチリ。

 

以上、今更ながらのヲタ活必需品でした!!!!!!!!!

消えたMARS

MARSが終わった。

「あ、藤ヶ谷君出るじゃ~ん!キスマイ主題歌だ~」という軽い気持ちで見始め、「......このドラマタイプじゃ無いな」と開始10分で思ったものの見続けること10話。

 

気づけば桐島牧生(窪田正孝)に釘付けになっていた。

 

はじめ、彼は麻生キラ(飯豊まりえ)のことを好きだと思っていたが、段々と私の中で「もしかして...  本命は樫野 零(藤ヶ谷太輔)じゃないか?」という案(実は藤ヶ谷君が好きだ説)が浮上してきた。

 

その確信を得たのは4話(?)のキスシーン

きれいなキスシーンでした。「オーロラ姫方式かぁ」とニヤついていたのもつかの間、親友の達也(稲葉友)によってそのシーンは人工呼吸ということがわかった。

 

あの体制どう考えても人工呼吸じゃないでしょ!!!!!!!!!

いまだに私はキスだと信じている。

 

そして、最終的に8話から窪田君による「実は藤ヶ谷君が好きだ説」の解説が行われるのであった。

 

続きを読む